亚洲城优德88_优德官网_优德亚洲娱乐场

福岡女子大学 <プライド>?<ユニーク>

100周年とその後に向けた将来構想

福岡女子大学 <プライド><ユニーク> 教育で一流の大学を目指す

 2023年に創立100周年を迎える福岡女子大学の教職員及び学生は、その後に向けた将来構想に基づき、「一流の教育、一流の教育研究環境を体現」するために、必要な愛校心と心構えである<プライド>を持ち、本学ならではの多くの<ユニーク>な試みを設定して、その実現と実行に取り組んでいます。
 福女大の始まりは、「ないものは創造しよう。言語化され得ていないものには、考え抜き、言葉を与えよう」のスピリットでした。この気概からプライドが生まれ、ユニークが作りだされています。大学の運営は、学生、教員、職員そして卒業生が4輪となって、共通のビジョンに向かって駆動しています。その標語は、“FWU on the Move”(駆動する?躍動する福女大)です。

公立大学法人福岡女子大学

理事長?学長向井 剛

沿革?歴史

  • 1. 公立初の女子高等教育機関「福岡県立女子専門学校」として1923年(大正12年)に創立
        (福岡の女性たちが高等教育の機会を求めたことが端緒となって設立に繋がった、稀有な歴史を有す)
  • 2. 大学の基本理念—「次代の女性リーダーを育成」
        (建学の歴史的背景を理念に反映)

国際性

  • 1. 全寮制
    • 教育の原点である「共に暮らし、共に学ぶ」を実現
    • 日本人学生は初年次1年間の全寮制、留学生は4年間の全寮制
    • 部屋毎に設定した「コミュニケーション?タイム」に行う言語活動
    • 毎月曜日の夕べ「ナデシコ?ナイト」に行う全員参加の寮教育活動
      (月曜日はアルバイトを禁止し、寮活動および仲間と協働する活動に集中)
    • 各ユニット(4人一部屋)に原則一人の留学生
      (寮滞在の学生のうち留学生が約30%。大学全体の留学生比率約14%※)※2019年度
  • 2. 海外留学?学内留学
    • 学生の約60%が卒業までに海外留学を経験
    • 学生の約90%が卒業までに海外留学または学内での国際体験(English Village合宿、国際サマープログラム、JD-Matesサポーター制度、他)を経験
    • 福岡女子大学の基金により学生の海外留学を支援
  • 3. 国際交流協定
    • 海外の35大学?学部と学術?学生交流協定を締結
    • 交換留学生短期留学プログラム”The World of Japanese Contemporary Culture Program(WJC)”を実施
      (日本のポップカルチャーを軸として、日本文化と社会を英語で学ぶプログラム)
  • 4.国際連携
    • ASEAN-EU域内大学コンソーシアム福岡(Consortium of ASEAN-EU-Fukuoka Universities (CASEUF))を主導し、ASEANと欧州の有力大学との教育?研究連携を促進

教 育

  • 1. 「福岡女子大学美術館」の設立
        (「環境はいま一人の教師」の言葉どおり、建物各所に美術作品を配置し、日常における志と感性の教育、精神文化の醸成と、アートマネジメント能力を備えた人材の育成に活用)
  • 2. 「感性」授業の導入
        (ロゴス中心の思考にアートと感性を取り入れ、文化的イノベーションを追求)
  • 3. 福女大精神文化の醸成
        (若者を対象としたノーベル賞受賞者による講演会、能楽?狂言鑑賞、弱者支援等の活動)
  • 4. 文理統合教育 —Diversity から教育の Innovation を導く
        (学部3学科の授業を教育主体の縦串とし、新たに100周年記念事業を設置する2つのセンター(「女性リーダーシップセンター」「国際フードスタディセンター」)を研究主体の横串として交差させ、文理統合教育を深化?推進する。学科を横断する副専攻プログラムの充実)
  • 5. 大学の運営?経営に学生の主体的意見を反映
        (大学の教職員委員会に学生が参加)
  • 6. 合意を交わす授業の目標と目的設定
        (初回に授業内容と方法に関し、学生と教員との徹底討論)
  • 7. 学修ポートフォリオによる振り返りと変容確認
        (学生の自己変化?成長状況を見える化)
  • 8. 学生主体による8カ国語の “Language cafe” を実施
        (留学希望者と帰国学生の活動の場の創出や語学に関心のある学生が参加。学生間の縦と横の絆を築く)
  • 9. 「クォーター制」を全教科で一斉スタート(2018年度より実施)
        (集中型の授業運営を可能にするとともに、海外留学等を容易にする)
  • 10. 学生の学内外自主的学修期間の確保(2022年新カリキュラムの導入)
        (自由な科目履修を可能にするべく、2年次第1?2クォーターには自由選択科目のみを置く。座学と体験的学修との相互作用をねらいとし、学生の自主的活動を促す)
  • 11. 海外高等学校との高大連携
        (ベトナム国家大学附属ハノイ外国語学校やタイ?トリアムウドムスクサ高等学校より毎年留学生を受け